注目記事

「因果応報」タグの記事一覧

結婚式挙げてからやっぱり元カノがいいってことで破談。招待客舐めてるよね

74 :1/2 2017/09/16(土)18:56:32 ID:GeA

友人A子はまじめな努力家で、それを気に入られて上司から見合いの話が来た。

相手の男性(以下B)は会社社長の跡取り。会社は数十人程度の規模。
社長夫人も忙しく働かないといけないので、働き者のA子に話が来たらしい。

見合いはうまくいき、Bのご両親にも気に入られて、見合いから1年ちょっとで結婚式を挙げた。
B父は会社社長なので、色々と招待しないといけない人がいるんだそうで、盛大な結婚式だった。

結婚式の翌日、A子とBは新婚旅行に行き、帰ってきてすぐに離婚した。
いや、籍は入れてなかったから、正確には婚約破棄なのかな?

(さらに…)

若さを武器に男を取っ替え引っ替えしていたが、そこから転落人生を進み、結局妥協婚してしまった。

332: 可愛い奥様@\(^o^)/ 2015/02/17 (火) 22:25:04.51 ID:C2okiUYF0.net
世間体のために結婚・出産したこと。

結婚する前(20代前半)のころは、本当は知ってることでも「えー知らなかったあ!さっすがあ!」とか言って男を立てて、そのおかげで男切れたことなかった。

(さらに…)

前夫とはいろんなことが気に食わなくて性格の不一致で離婚した。しかし、今度は娘にその離婚理由で結婚式の出席を拒否されてしまった…。

574: 名無しさん@おーぷん 投稿日:2017/02/26(日) 22:51:23 ID:nel
娘が春に結婚予定なのですが、
結婚式に夫と長男は出席するのに、
私だけ「出席しないで欲しい」と拒否されてしまいました…一体どうしたら良いのでしょうか?

(さらに…)

ある日、高校生と中学生の姉弟が真っ赤な目をして「お金を貸して下さい」と土下座してきた。

168: 可愛い奥様@\(^o^)/ 2015/03/11 (水) 17:37:31.17 ID:2mdA6tsO0.net

先日大トメさんから伺った話(長文失礼)。

今から何十年も昔、大トメさん宅のご近所に母子家庭が住んでいたそうな。
お子さんである娘さんとその弟さんは働く母親を支えるため、小さい頃から家事やちょっとした仕事(新聞配達など)をしていたらしい。

母親は働いているせいか殆ど家にいない。
不憫に思った大トメさんはよく食事をこしらえて持たせてあげたり、お古ではあるけどお洋服やおもちゃなどをあげてたんだと。
それもあってお子さんたちは大トメさんと深い繋がりがあった。

(さらに…)

好きな人を蹂躙して、立場として上に立つというのが本当に気持ちがよかった。愛してもらえてると実感できた。しかし、今は後悔しかない。

599: 名無しさん@おーぷん 投稿日:2015/09/29(火) 13:31:03 ID:a8I
もう二年も前に旦那を盗られました。
それで、旦那に別れてほしいと言われた。

旦那に新しく好きな人が出来たから。
あと、私の浮気に耐えられなくなったからでした。

私の浮気は多分普通の人とは違うと思います。
別に旦那のことは嫌いじゃなくて、むしろ大好きでした。
浮気相手は大学時代の元カレでした。

結婚して半年くらいから指激が欲しくて浮気をし始めました。
でも、半年くらいで浮気がバレました。

最初は、離婚はなんとか回避しようとだけ考えていました。
でも、予想外に、旦那には泣きつかれました。

それが本当に気持ちがよかった。
好きな人を蹂躙して、立場として上に立つというのが本当に気持ちがよかった。
愛してもらえてると実感できた。

(さらに…)

【超壮絶】念願のマイホームが火事になり、子供が逃げ遅れた。その後嫁が不倫から帰宅。それからしばらくして、その嫁を見かけたのだが…

47: 名無しさん@おーぷん 投稿日:2016/01/14(木) 09:05:31 ID:5kq
自分のことじゃないんだけど書き込みます。
人が三人死んでいる話なので閲覧注意です。
当事者ではないため、ほとんどが又聞きになります。
説明不足の点はご容赦ください。

当時働いていた会社の上司の話。

新卒で就職して以来、その上司にはずっとお世話になっていた。
部下がミスをして顧客に頭を下げに行ったあとでもその部下に
対して感情的にならず、
「ドンマイ。反省を生かすんだぞ」時に励ましてアドバイスを
してくれる方だった。

私自身、入社したての頃に向いてない、辞めようと思った時に
何度も相談に乗ってもらった。

新卒だった私も五年目の冬を迎えた頃、その上司が二人目の
子供が生まれたのを機に戸建の家を建てた。
念願のマイホームと奥さんと二人の子供。

傍目にも上司はとても充実しているように見えた。

(さらに…)

間男に寝取られ、さらに次の嫁も元嫁と間男の差し金でそんな俺をずっと笑っていたみたいだが、因果応報はある。地道に真面目に自分の道を行けば報われるとわかったよ。

110: 名無しさん@おーぷん 投稿日:2014/08/20(水) 17:20:31 ID:???
小さい鉄工所を経営してる。間男に意地悪され続けて×2になる。
初めての嫁が出て行き間男と再婚、次に言い寄ってきた女は間男の
差し金で3人で笑いながら過ごしてたって。でも地道に仕事して来て良かったよ。苦しい時も辛い時も一生懸命で
死のうと思った事もあったけど、今は生きてて良かったんだって
今になって思う。×2になってやっと1年。あいつの余命も1年。

助けてと異常な着信と会社凸があるけど、指差して笑ってる。
死のうと電車のホームの端に立ってたあの時が最大の修羅場だった。

(さらに…)

元嫁は不倫の末離婚したのはいいが、そのあと親には勘当され、間男にボロボロにされ、どうしようもなくなって俺に頼ってきたのだが…

581 :名無しさん@お腹いっぱい。2015/12/01 (火) 22:00:47.66

理解できんと言われるかもしれんが、俺と嫁の話でも。8年前からの話だけど。

元嫁は、同じ会社で2コ上の先輩。元嫁が勤める支店に俺が転勤して知り合い結婚。
2年ほどで俺が転勤になり、子供ができるまでという条件で別居生活。
段々と嫁が俺の単身先に来なくなり、つまりは浮気だな。証拠掴んで離婚。
間男は、なんと俺よりも一回り以上の年長のオヤジだった。

離婚条件は、結納や結婚で使った費用の弁済。ウン百万。
それで大事にせずに穏便にで、晴れて独身に戻った。
元嫁は離婚時に退職。

元嫁の非劇はここから。直後に襲ったリーマンショックで間男の会社は
急激に業績悪化。間接部門の管理職だった間男はリストラに。
再就職もうまくいかず、ヒモ状態で元嫁がパートで生活を支えるように。

挙句は、夜の仕事を強要され、断るとDVといった具合。
ある時、ボロボロになった元嫁が俺を頼ってきた。
元嫁を伴い、元嫁実家に
離婚時にくらった勘当を解いてもらうように懇願しお引渡し。

しばらくして、元嫁父母が元嫁を連れて俺を訪ねてきた。
元嫁、精神を病んでいるような状態。
俺の顔を見るなり号泣で泣き崩れた。

聞けば、実家に戻ってから、引き篭もりと俺への詫びで泣き暮らす日々。
おまけに間男のストー力ーみたいな行為もありで。
一度は愛した女。元に戻るまで引き取ることに。(しばらくは元嫁母付き)

こんな騒動から5年弱、元嫁は結婚していた頃に戻っているが、唯一の違いは、
年下の俺に対して敬語を使うことかな。

そろそろ、元嫁の「元」を取ってやってもいいかなと思っている。

(さらに…)

【ズット友達】過去の自業自得から、落ち着いてもなお復讐され続けている友人。どこに逃げても過去を暴露され続けているのだが、どうやって彼女を見つけてるのだろう。もしかしたら親しい人から情報が漏れているのかもしれないね?

124: 名無しさん@おーぷん 投稿日:2014/10/20(月) 11:24:30 ID:bljjXvoaC
私の長年の友人が復讐されている。

彼女は、7年くらい前に不倫をし、相手を散々振り回し、家庭を破壊した
結局不倫相手は自●してしまった
奥さんは精神を病んで、そこに付け込んだかたちで
僅かな慰謝料で和解したかたちに持ち込んだ。

その後はいろいろあって、彼女も落ち着き
あの頃の自分はおかしかった、反省していると言っていた
30ちょい前に、ようやく真面目な男性と恋におち、順調に結婚話が進んだ
結婚式まであと2週間ぐらいになった時
突然、婚約者の所に封書が届いた。
中身は、過去の不倫の証拠、えげつない写真の数々、彼女の人でなしな暴言の記録。
あっという間に破談になった。

(さらに…)

【恐怖のブーケトス】ブーケをキャッチした女性は新婦と友人たちに対して腹に据えかねていることがあった。それがきっかけで新婦のとんでもない過去が明らかになり、友人一同まとめて制裁されることとなった。

453 :愛と死の名無しさん :2011/12/22 (木) 18:27:45.92

流れを読まず長文ネタ投下

何年か前の会社同僚(男)の結婚式の話

ブーケトスで新婦友人がガッチリ前列を固める中
うちの課長(女性・未婚・30代後半)、最前列に躍り出て
バスケのディフェンスのように手を上げた。
新婦が投げる直前、両頬を平手でパチンと叩いて
「ッシャー!!来い!」と気合の声まで上げる始末

ギャラリーからはドッと笑い声。

苦笑いしつつも新婦がブーケを投げると
別の同僚女性(未婚・20代・美人)が課長の前にぱっと飛び出て
鮮やかにブーケをインターセプト
取ったブーケを高く掲げて
「やったー。今年こそ彼氏作るぞー」と大声で喜んだ。

課長は「ああああ!!!今年もダメなのかあああ!!」
と派手なリアクションで悔しがってた

ギャラリーは大爆笑だったが、新婦友人数人は
ふて腐れた表情
冷ややかに目立っていた二人を睨んでいた。

披露宴を待つ待合室みたいな所に行く途中
ちょうど俺たちの横を新婦友人が通り過ぎるときに
「空気読めない女って、マジ痛いよねー」とか
「さっきのオバサン何あれ?きっつー」とか
聞こえよがしの大声で二人を罵ってた。

(さらに…)

サブコンテンツ

カレンダー

2019年9月
« 8月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

本日の人気の投稿

ページ内ランキング

このページの先頭へ