注目記事

婚約者の浮気。証拠を集め、根回しも完了したところでさっさと身を隠したったwwwもちろん、ちゃんと認めて謝れば制裁も緩めるつもりだったが、一向に認めようとしやがらなかったので証拠を提出したww

198: 恋人は名無しさん 2009/09/23(水) 21:49:03 ID:3AJVrUXDO
ちょwデートドタキャンメールの直後に

「これから行くね♪ひっくんに早く会いたいよぉー」

俺の名前に「ひ」はないのだが…

199: 恋人は名無しさん 2009/09/23(水) 22:14:07 ID:63g4V7j50

>>198
実況開始マダー、でよろしいですか?

201: 恋人は名無しさん 2009/09/23(水) 22:41:01 ID:fBEBW6cD0

>>198
共通の友人に相談メールを一斉送信だ!

202: 恋人は名無しさん 2009/09/23(水) 22:44:59 ID:3AJVrUXDO
>>201
根回し&探り完了。

ここ実況ありだっけ?
彼女は「ごめーん!あっくんて送ろうとしたのにひっくんになった」

俺あっくんなんて呼ばれた事ないんだが。

203: 恋人は名無しさん 2009/09/23(水) 22:47:54 ID:1Xdnppx+0

しかもドタキャンしてその内容じゃ言い訳できないw

(さらに…)

婚約者の浮気調査を一緒にしてくれた先輩が浮気相手になると言う笑えないオチだった。

552: 名無しさん@HOME:2014/02/17 (月) 19:33:22.08
んじゃ俺もカスネタ書いてみっか。

婚約者が俺の親友? ではないな。友達と腕を組んで歩くところを目撃。

大学の先輩が証拠を集めてくれるが、一応、婚約者と友達が最後までやってないことを確認。

それでも許せず、婚約者を引きずり、相手両親の家に行って証拠つきつけたら泣いて詫びるし、俺も次の相手を見つける自信なかったから許す。

昨日、婚約者の寝室で裸の先輩と婚約者に遭遇。

な? カスネタだろ?

(さらに…)

嫁と間男の現場へ突撃。言い訳の余地は一切与えず地獄を見てもらうためにできる限りの制裁をし、底辺にまで落としてやった。

143 :名無しさん@お腹いっぱい。 2013/04/13 (土) 11:05:58.10
間男との共通の知り合い(女)からの示唆で間男アパートへ突撃。
現場見てなくても不倫浮気する奴らなんて大体同じ事してるだろ。
二人とも底辺に落としてやったけど、あの光景は一生忘れないだろうな。
144 :名無しさん@お腹いっぱい。 2013/04/13 (土) 11:35:55.09

kwsk

(さらに…)

嫁さんが他の男との相性を占っていたことで不倫を確信。証拠を取って制裁を開始したが、最後の最後までキレていた

538 :素敵な旦那様 投稿日:2006/05/08 (月) 11:50:52

今朝、何気なくPCの履歴を見たら

嫁さんが他の男との相性を占っていた・・・orz

(さらに…)

元嫁は離婚まで間男と繋がっており、もうとにかく縁を切りたかったのでとっとと離婚。しばらくは平和だったのだが、慕ってくれていた元義弟がきっかけで再び修羅場に身を投じることに…

11: 名無しさん@お腹いっぱい。:2014/12/11 (木) 23:57:09.14 ID:.net
少し前に高校の頃の友人が結婚し、二次会で元嫁と再会したのだが…
スッキリしたので書き込む事にする。俺(34)
元嫁(34)
間男(34)
全員高校の同級生。

元嫁と会ったのは高校一年の頃。
後の間男と色恋沙汰でやらかして下さり、後に間男の嫁となる女と大喧嘩し、
いじめを受け不登校になったのだが…当時ルーム長だった俺は必然的に間に入る事に。

元嫁は結局退学し、別の高校に入り直すも、それまでの事が縁となり俺と付き合う事に。
結婚も早かったし、俺はこいつを守ると心から思っていた。

結論から言うと、離婚まで間男と水面下で続いていて、結局俺はATMだったわけだがな。

調子に乗った二匹が自宅で事に及びはじめ、家事の大半をしていた俺が気付かぬはずがない。
気の利く連中に相談し、お任せコースでサクッと解決。報告の度に吐き、体重は相当減ったが。
証拠を提示した時に元嫁から浴びせられた言葉は、未だにトラウマになっている。

「そういう細かいところが嫌で嫌で仕方なかった!間男は男らしい!」

精神的に持たず、さっさと離婚。勿論間男からも金を取った。
慰謝料は一般的な額。意地でも一括で受け取った。
間男も離婚したようだが、こいつらに会わないで済むなら、もうどうでもよかった。

リーマンショックもあり俺は仕事を依頼退職し、退職金慰謝料全てを住宅ローン返済に
充て、援助してくれた両親、兄のお陰もあり完済。

晴れて無一文となり、元々やりたかった仕事に就く。

(さらに…)

浮気発覚の原因は毒彼へのメール誤送信。…なのだが、旦那が前向き人間すぎて、一度こっぴどく怒られただけであとはお咎めなし。でも前向きすぎても辛いのよ…

139 :名無しさんといつまでも一緒:投高日:2007/03/18 (日) 22:36:22 O
私も毒宛てを旦那に送信した事あるw
140 :名無しさんといつまでも一緒:投高日:2007/03/18 (日) 22:43:28 0

>>139
やり過ごせたの?

141 :名無しさんといつまでも一緒:投高日:2007/03/18 (日) 22:54:15 O
>>140絶対ありえない不自然な内容だったのに、スルー状態だった。
こっちから言い訳も変だし。
4年も前の既に過去の話

(さらに…)

元嫁は直情的でカーっとなったら後先が考えられず、ついに浮気妄想にまで取り憑かれるようになったある日、修羅場が起きた…。

935: 名無しさん@HOME 2012/05/22 (火) 10:07:24
投下無いようだから、自分の人生最大の修羅場を投下する。

元がつくけど、最初に結婚した人は、とにかく直情的だった。
もうカーッとなると、後先が考えられないタイプ。
でもお互いに譲り合って、相手を怒らせること自体があまり無かったから、
それなりに平和に暮らしていた。

それが変わったのが、俺の浮気妄想に嫁が取り憑かれた時。

(さらに…)

彼女と間男の痴話喧嘩に巻き込まれ大怪我をしたのだが謝りもせず、そのまま間男と結婚式まであげると聞き復讐を決意。公権力に頼らず、自分の手でケリをつけたかった。

231: 恋人は名無しさん 2008/07/05(土) 17:26:11 ID:hy/BnX4W0
俺が大学生だった頃の話。

当時アパートの一階に住んでいて、
窓際の雑草が伸びてきてたので草むしりをしてた。
で、どうも俺の部屋の真上の人が喧嘩をしているようで
なにやらドナりあっている。

男の声と女の声がするので痴話げんかかなー
なんかあったら助けに行くかなー、なんてチラチラ気にしてたら
突然ガシャーンと言う音がして、とっさに二階を見ると
ガラスの破片とテレビとテレビ台が降ってきた。

びっくりしてよけることが出来ずガラスの破片が顔面直撃
テレビは俺の右ひじを直撃
衝撃で跳ね上がった拳が俺の鼻を直撃
「ぶっ・・・ホワー!ホ・・・ホワー!!」
という自分でも良くわからない叫び声を上げてしまった。

(さらに…)

浮気を自白して飛び出していった嫁がいきなり戻ってきたンゴwwwどうやら自分の罪深さを思い知り、制裁を受ける覚悟で帰ってきたらしいwww

1: 名無しさん@おーぷん 投稿日:2016/05/28(土) 23:08:30 ID:iF4
娘がメッチャ喜んでて草生えるwwwwww

2: 名無しさん@おーぷん 投稿日:2016/05/28(土) 23:10:07 ID:IAs

良かったじゃん

3: 名無しさん@おーぷん 投稿日:2016/05/28(土) 23:10:34 ID:c64

よかおめ

(さらに…)

嫁が浮気相手の子を妊娠して離婚。しかしその後は転落人生。一方俺は間嫁と再婚し、事業が成功していった。

1: 名無しさんといつまでも一緒 2016/12/13 (火) 14:10:08.31 0
5年前に元嫁が間男の子を妊娠、発覚したときは22週だった。
当時6歳の双子の娘と3歳の長男がいたんだが、俺に親権を譲る条件で慰謝料、養育費
無しで離婚した。その後元嫁は間男と再婚して、女の子を出産し現在5歳になる。

元間男は居酒屋を経営していたが間もなく経営破綻、借金を残して離婚、元嫁名義の
借金が500万程あったが返済に両親が経営する作業服屋の売上げ金を充てた為に
買い掛けが金が400万程溜まってしまい、年内に精算しないと本部からの取引が
停止になるので金を融通してくれと言ってきた。

元嫁に近況を聞くと、昼はホームセンターでパート夜は11時まで店を開けている
との事だが朝6時から18時まで両親が店番、18時から23時時まで元嫁が店番だそうだ。
子供の面倒は両親が保育園の送迎など店番をしながら見ているらしい。

その後俺は元間嫁さんと再婚し現在は実家でわさび農家をしている。
わさび田も三町歩程に増やし、従業員も13人で根ワサビの他派生商品を含め年商
1億7千万程に成長した。これも全て今嫁さんの経営手腕のお陰だ。

金のことは今嫁と相談して明日の午前中までに回答すると答えてその日は分かれた。

(さらに…)

サブコンテンツ

カレンダー

2019年7月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

本日の人気の投稿

ページ内ランキング

このページの先頭へ