注目記事

【サレ夫】汚嫁のLINEみて娘達も意地になったんだろう。「お父さん!私たちは見方だからあの汚れ女を徹底的に潰して!」と言っていた

146: 名無しさん@お腹いっぱい。:2017/03/17 (金) 18:56:00.85 ID:BslsWYGF0.net
一昨年のクリスマス、嫁にA4の封筒を渡してやった
嫁は何かな?と言いながら中身を確認
すると嫁は「えー!うそぉー!」と喜んだ
俺は「あれ?」と思いながら嫁に渡した物を取り上げ確認

【3泊4日TDLの旅】のパンフとチケットだった
俺は慌てて「ちがう!間違えた!こっちだ」とカバンからもうひとつの封筒を出して嫁に渡す
嫁はそれをWKTKしながら確認
次の瞬間嫁は膝から崩れ落ちていく

スポンサーリンク

嫁「どうして?」と何度か囁く

俺「TDLは俺と子供たちだけで行くんだったwお前は間男のところに行けば?」

(ここから)汚嫁「違うの!なにかの間違いなの!」
ありふれたテンプレがこだまするw

俺「証拠は上がっている。良くもまぁ3年も裏切り続けてきたな。子供たちの密告なければわからなかったよ」

間男は長女の塾の講師で進路相談とかの名分でのホテ○密会
汚嫁と間男は「いつかお互い離婚して一緒になろう」なんてラリっているんだよな

汚嫁に制裁下す前日に間男宅凸したんだが
間男土下座して「遊びでした!」とか言ってたんだぜw
だから慰謝料500万と汚嫁から貢がせた総額800万を請求した
払えないとかホザクもんだから消費者○融巡りさせてやった
手数料として300万上乗せしたけどね

147: 名無しさん@お腹いっぱい。:2017/03/17 (金) 18:56:16.06 ID:BslsWYGF0.net
そうとは知らず汚嫁は間男に電話w「おかけになった電話は現在使われておりません・・・」
汚嫁白く燃え尽きてしまったw

俺「お前俺も子供もタヒねばいいってLINEしてたよな?子供はそれも見てるんだよ。お前は絶対許さないぞ」

汚嫁はまたテンプレ通りの言い訳で離婚回避しようとしている
だからチャンスを与えた
条件は 3年で1千万の慰謝料支払い。 稼ぐ方法は問わないが自力で稼げ。親や他人に頼るな
これができたら離婚は無し。俺も再構築に努力する
その間は一切連絡はしないこと

まぁ出来るわけないんだけどねw約2年で700万は払っているけど
完済したら切り捨てるつもり。嘘ついて裏切った報いだからな

ちなみにイ昔金に追われた間男は今年1月に地貝した。遺書も何もなかったと聞いたが
多分精神的に壊れたしまったんだろうねw自業自得だけど

汚嫁は「夜勤バイト」とか義実家に言っているみたいだが
お風呂に勤めている。俺の知り合いが汚嫁を3回ほど買っているw
知り合い曰く「あれじゃ男も寄ってくるのは仕方ない」だとさw
店で人気No.2らしい

裏切る奴らは地獄に落ちろ!

ではノシ

148: 名無しさん@お腹いっぱい。:2017/03/17 (金) 20:09:28.04 ID:/Sh2TVLf0.net

子供の密告から浮気の全容を暴くまでを、もうちょいkwsk

149: 名無しさん@お腹いっぱい。:2017/03/17 (金) 20:40:51.73 ID:17Qs27D90.net

お店はどちらに

150: 146:2017/03/18 (土) 00:46:32.75 ID:rJPUDⅤpZ0.net
>>149
地元の隣県、G県の有名な風呂屋街です。30代後半なのに20代と偽っているw
源氏名は「美咲」店の名前は勘弁な

子供が浮気を発見したきっかけは塾で娘だけ先に車に行くように言われて怪しいと思った娘がこっそり指導室覗いたら汚嫁と間男がヰスをしてたらしい
小学校から通って信頼していた講師が実母と不倫しているのだからかなりの衝撃だったみたいだ

それから娘が次女に話し娘2人で汚嫁スマホチェックしたり
汚嫁が出かけたときに後をつけて行ってホテ○に入るのを写メに撮ったりしていた

汚嫁のLINEみて娘達も意地になったんだろう
「お父さん!私たちは見方だからあの汚れ女を徹底的に潰して!」と言っていた

それから興信所に依頼して証拠を補充して制裁した

離婚後娘たちを心療内科に連れて行きカウンセリング受けたりして
ケアに励んだよ

今は娘たちは家事手伝ったりして落ち着いているが気は抜けない

俺は俺で不甲斐ない父親の責任として娘たちに尽くす
俺たちみたいな汚い人間を反面教師にクズにはなってほしくはない

ではノシ

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

カレンダー

2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

用語集・テンプレ

人気の投稿とページ

このページの先頭へ