注目記事

【サレ夫】間男の策士ぶりに驚愕。最初から手のひらで踊らされているだけで、最初からお金を巻き上げるだけのために嫁に接近していたようだ。

13: すき焼き:2017/03/24 (金) 15:07:24.19 ID:0.net

何かこれみてたらうちの嫁も怪しいかも

・相談者の年齢職業 サラリーマン(準大手) 27
・嫁の年齢職業 公務員 29
・婚姻期間 3年

・子供の人数、年齢  ナシ
・わかってるなら間男の年齢職業 不明
・過去の不倫の有無(夫婦共に) ナシ
・現時点で決別か再構築か方針は決まってるか 不明
・その他、経緯と状況説明
うちの嫁、お役所勤め何だけど、最近忙しいとかで残業and朝帰り続きなの。
ただ、嫁のいる部署ッてわりかし定時で帰れるって聞いてたからおかしいなと思うわけよ(同じ役所に勤める高校の同級生談)

スポンサーリンク
14: 名無しさんといつまでも一緒:2017/03/24 (金) 17:18:18.01 ID:0.net

自分で張り込むか興信所つけろ

黒なら切り捨てるのは早い方がいい
ゴミのために時間を無駄にすることはないからな

15: すき焼き:2017/03/24 (金) 19:42:25.94 ID:0.net
1コメントありがとう・・・・自分で張り込むか・・・・今日は会社の創立記念日で旧家だけど、俺結構忙しいから
頼むなら興信所かな?ちなみに興信所は大手と零細どっちがいい?
16: すき焼き:2017/03/24 (金) 19:44:00.71 ID:0.net
ちなみに嫁のスマホとかを勝手に調べるのってOK?
17: 巌窟王:2017/03/24 (金) 19:47:50.97 ID:0.net

俺に時は大手だったよ。なんか零細だと不安だし

20: 名無しさんといつまでも一緒:2017/03/25 (土) 10:15:36.55 ID:0.net

>>16
夫婦間の危機のためなら有りじゃなかったか?
だから自宅内盗聴もOKだからなさ。

21: すき焼き:2017/03/26 (日) 09:19:18.62 ID:0.net
>>20
そうなのか、今日機会あったら見てみる。
22: すきやき:2017/03/26 (日) 12:31:19.97 ID:0.net
最悪だ・・・・不倫どころか真っ暗だ
23: すき焼き:2017/03/26 (日) 12:34:13.66 ID:0.net
嫁が出かけてるんだけど、スマホ忘れて言ったのよ。ロックもしてなかったから中を確認したんだけど・・・・男とのやりとりやハ.メ.撮り写真がわんさか・・・・
しかも俺と別れて相手と一緒になるかみたい。
24: 名無しさんといつまでも一緒:2017/03/26 (日) 17:28:10.65 ID:0.net

子供がいないなら証拠集めて慰謝料取って別れた方がよい。

25: すき焼き:2017/03/26 (日) 19:20:13.01 ID:0.net
証拠か、とりあえず嫁のメールのやり取りはデータをコピーしといた。明日興信所にもいってみるよ。
とりあえず巌窟王が言うように大手にするけど、他にやることある。
俺としてはできれば嫁の愛を取り戻したい。
27: ヤジニモ ◆YOGOLE/0pA:2017/03/26 (日) 19:24:55.24 ID:0.net

やめとけやめとけ

29: すき焼き:2017/03/26 (日) 22:21:48.63 ID:0.net
なんと言うか、俺は嫁のことすごく好きなわけよ。
嫁は俺にとって初めての女で、俺に安らぎを与えてくれた。
俺はその安らぎを取り戻したいんだよ。
30: 名無しさんといつまでも一緒:2017/03/27 (月) 11:44:52.02 ID:0.net

だから浮気をした時点でその好きだった嫁は死んだんだよ。
ゾンビは墓場へ送ってやるのが優しさだろ?
離婚して制裁を加えて楽にしてやれ。

31: すき焼き:2017/03/27 (月) 22:15:13.77 ID:0.net
今仕事から帰って来た。
それは嫁の心はもう戻らないと言うことか?
俺が悪かったのか?もっと愛情をかければ良かったのか?
興信所は昼休みに相談して契約した。金は自営業の兄貴に借りた。
32: 名無しさんといつまでも一緒:2017/03/27 (月) 22:20:39.51 ID:0.net

状況とか理由とか関係ないんだよ
浮気する奴はどんな状況でもやるからさ
だから何度でも繰り返す
だって生まれつきの病気だからね
生まれつきだから治るとか更生するとかマジでないから一回でもやったら異常者だと諦めて別れるのがいい選択なのさ

浮気したことより浮気出来る精神が問題だと理解しないとさ
回数じゃないんだよ

34: すき焼き:2017/03/28 (火) 08:02:47.58 ID:0.net
おはよう、今会社に行く途中でスマホを使ってこれを書いてる。
そうか・・・・嫁はそんな奴だとは思ってなかった。
出会った時はすごくあったりしてて、いい人だと思ったんだ。
35: すき焼き:2017/03/28 (火) 08:05:55.80 ID:0.net
「あなたと早く一緒になりたい」
「なんで旦那じゃなくてあなたに最初に出会えなかったのだろう」
とか書いてあって、間男の方も
「僕は嫁ちゃんのためならなんでもする。そんな大したことない旦那なんか別れろよ」
って書いてる。
36: すき焼き:2017/03/28 (火) 08:09:41.42 ID:0.net
俺、家事もそれなりにやってたし(ていうか嫁は残業(不倫)で忙しいっていってたから最近はほとんど俺がやってる)。
確かに興信所の結果出たら弁護士入れて離婚した方がいいかもな。ネットで探してみよう。
37: 名無しさんといつまでも一緒:2017/03/28 (火) 09:00:48.30 ID:0.net

間男は何でもしてくれるそうだからまずは高額の慰謝料を払ってもらって次に会社をクビになってもらおう。
でまわりにやらかしたことをバレて孤立してもらえれば完璧ですな。
不倫するなら人生を棒に降る覚悟でやれってこと。

38: すき焼き:2017/03/29 (水) 00:11:49.74 ID:0.net
今自宅で書いてる。
嫁は残業で帰ってこないらしい。間男といるのかな?
実は今気になっているのは間男の正体。
嫁のスマホには「❤」として電話帳にメアドが登録されていた。間男の名前も素性も全くわからない。
ちなみに夫婦共同口座の金が100万ほどなくなっている。これって将来子供ができたときのためにってためてたのに・・・・,これって間男に使われている?
39: 名無しさんといつまでも一緒:2017/03/29 (水) 11:55:06.17 ID:0.net

使われてるな
ぜんりょくで潰してしまえ

40: すき焼き:2017/03/29 (水) 23:20:26.72 ID:0.net
今自宅です。
嫁はもう寝てました。
テーブルには僕の夕食(ペヤング)が置いてありました。
結婚したばかりの頃は僕の好物の鳥の唐揚げをよく使ってくれたのに・・・・
今日嫁と同じ役所に勤めている俺の同級生と飲んだ。嫁の様子について質問したら
「実は・・・・」
と言いにくそうに話し出した。まとめると・最近嫁が同じ役所の人間と親密になっているという噂がある
・その男はある課の課長で、近く部長に出世するとか

同級生は俺を介して嫁と面識があって、二人の関係を気にして、近々俺に報告するつもりだったみたい。
同級生は役所の内部で出来るだけ嫁とその男の様子を見てみるみたい。

41: すき焼き:2017/03/29 (水) 23:23:10.09 ID:0.net
間男は50代でいわゆる出来る人らしい。奥さんはいたが病死したが大学生の娘が一人いるそうだ。
そんなおじさんがいいのかね?
44: すき焼き:2017/03/30 (木) 22:47:08.64 ID:0.net

今家だけど嫁が家にいない。いつもなら何かしら連絡あるのにそれも無い。これって駆け落ち?

45: すき焼き:2017/04/02 (日) 15:02:09.63 ID:0.net
みな様、ご心配おかけしました、実は嫁はあの後帰ってこなく、
興信所に連絡入れたら、一人で遠い場所に言っていたとのことで
した。詳細は今詰めているので何とも言えませんが、間男の策士
っぷりに今弁護士さんも震え上がっております。
46: すき焼き:2017/04/02 (日) 15:10:28.59 ID:0.net

とりあえず、しばらくは書き込みを控えますのでそれでは

48: すき焼き:2017/04/04 (火) 23:56:12.64 ID:0.net
嫁なんだけど、実は行方不明の間間男と駆け落ちしていた。というか間男に騙されて駆け落ちするものと思っていたらしい。
そんで口座の残りの金を下ろして逃亡。そして逃亡先で興信所の人に確保され、送還。
49: すき焼き:2017/04/04 (火) 23:56:55.35 ID:0.net
とりぜず取調べ、嫁は自白。
いわく間男に金を貢いでいたらしい。そこで間男の元に乗り込む。
弁護士 「間男さん、単的に言って嫁さんと不貞行為をなさっていますね」
間男 「はい、これがその証拠です」
とさらっとノートを差し出す。
俺はこの時点で違和感を感じた。ノートは不貞行為に関する記録で、ひと月前から関係が始まっていることになっていた。
俺の感覚だと嫁の態度がおかしくなったのが半年前からなんだが・・・・

俺 「お前、まさか慰謝料軽くしようとしてないか?」
間男 「何のことですか?」
正直興信所で証拠は掴んでいるものの、どのくらい続いていたのかについては証明できなかった。
そこで使い込みについて、ところがここで間男の策士っぷりがでた。

弁護士 「それとお二人は俺さんのお金を使い込んでいますよね?」
間男 「何のことですか?」
俺 「とぼけるな!!俺の口座の金がなくなっているぞ」
間男 「俺さん、それって僕が金を使ったって証拠はあるんですか?単に嫁さんが使ったんじゃないんですか?」
俺 「何だと・・・・」
間男 「不倫に関しては謝罪いたしますが、使い込みとか、何とか、言いがかりを付けますと、こちらも名誉棄損で訴えますよ」
弁護士・俺、黙る。

50: すき焼き:2017/04/04 (火) 23:57:09.17 ID:0.net

その後、弁護士に聞くと、不貞行為の機関が短いと、慰謝料の額はそんなに撮れないらしい。それで嫁を再度聴取

嫁 「金は間男さんに渡しました。あの人は将来は自分のお店を持ちたいとかで、それを応援しようと思って」
嫁は悪びれ目なく言いました。
俺 「お前なあ・・・・間男の為に俺たちの貯金を使ったのか?」
嫁 「あなたは将来性がない。それに比べたら間男さんは役所ではエース、悪いけど人間としてはあなたは敗北よ」
嫁はなぜか僕を軽蔑するような視線を見せていった。

弁護士 「嫁さん、間男さんはあなたからもらったお金のことを知らないと言ってますよ」
そん時、嫁の表情はみるみる変わった。
嫁 「嘘・・・・」
弁護士 「本当です」
嫁 「だって間男さんは店を出したら私と結婚してくれるって・・・・」
弁護士 「その件に関しては存じませんが、少なくともお金の件は知らないとおっしゃってました」
実は俺たち、間男から今後嫁とは接触しないっていう念書をもらってたのよ。

弁護士 「俺さん・・・・ひょっとしたら間男さんは金を巻き上げるためだけに嫁さんを落としたのかもしれないですね」
弁護士はひそひそと僕に言った。

確かにそうかもしれない。
今回のニセ駆け落ちで無断欠勤したことで嫁と間男の不倫は職場中に知れ渡った。
それで嫁は謹慎、これから職場に居づらいだろうし、精神的に弱い嫁なら辞めちゃうと思う。
一方間 男はどうも上にかわいがられているらしくおとがめなし、こっちは地方の役所なのでその辺の管理も緩い。

ひょっとしたら間男は計画的に嫁に俺たちの金を運ばせ、そして本来より短く不定期刊をかいた証拠を作り、最後には嫁に駆け落ちといううそをつき、最終的には退職に追い込む。
嫁 「・・・・・」
間男に何度も連絡するが相手は出なかったようだ。嫁はへたりと椅子に座り込んだよ。

ていうこともあって、昨日有給使って義実家と話し合い、
義実家 「これじゃあ離婚されてもしょうがない」
といい、嫁を勘当、そして俺に謝罪。
嫁は間男に捨てられたショックで何も手が付かないみたい。
離婚には時間がかかりそうだ。

51: すき焼き:2017/04/04 (火) 23:58:24.41 ID:0.net
取りえずもう後は嫁と離婚するだけ、コメントくれた人、アりがとう
53: 名無しさんといつまでも一緒:2017/04/05 (水) 02:17:46.26 ID:0.net

お金は全部でいくら?
回収しないの?

54: すき焼き:2017/04/05 (水) 16:54:32.00 ID:0.net
嫁の証言と通帳等を照らし合わせると、たぶん200万くらい。
ただその金が間男に流れた証拠がないし、間男もその金を使った形跡のないほど質素な暮らし。正直何に二人は御金を使っていたのやら・・・・
こんな状況なわけであるのは嫁の証言だけ。
結局使い込まれた金は嫁から取る方が楽だから、嫁に全部請求し、間男には慰謝料だけ請求する予定
55: すき焼き:2017/04/05 (水) 16:59:34.36 ID:0.net
ちなみに嫁は役所をやめることになったらしい。
間男に裏切られて精神的にまいちゃったらしい。
俺が精神的にきついんだけど・・・・後、今日も有給使って俺の両親に泣いていた。
母には泣かれた。
親父は「まあそのうちいいことあるよ」と励ましてくれたけど、正直やっとできた彼女が嫁だった俺に次の嫁さんがいるとは思えない。
このままずっと一人なんだろうな・・・・

52: 名無しさんといつまでも一緒:2017/04/05 (水) 01:41:04.04 ID:0.net

バカ女なんかに一円の価値もないから捨てちまえばいいよ。
生ゴミ以下だわ。

スポンサーリンク

おすすめ注目記事

コメントを残す

サブコンテンツ

カレンダー

2019年8月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

本日の人気の投稿

ページ内ランキング

このページの先頭へ